面倒な引越しからの業者選びから荷造りまでを簡単に!

引越の荷物のまとめ方

引越しが決まったら、まずは出来ることから着手していきましょう。
荷造りはすぐにでも始められる作業ですね。
大手の引越し業者に引越しを依頼すると、ほとんどの場合、ダンボールを持ってきてくれます。
まずは、このダンボールに普段使わないものから詰めていきましょう。

 

ここで気をつけたい点は、荷造りしたダンボールを置いておく場所を確保するということです。
引越しまでには、まだ日にちがあるのに、玄関付近や通路に置いておくと、
普段の生活に支障がでてしまいますね。
なるべく玄関に遠い部屋をひとつ「荷造り後のダンボール置き場」として決めてしまいましょう。
ダンボールに物を詰める時には、大きいダンボールにも重いものを入れてしまいがちです。
荷造りに慣れない場合、どうしてもそうなってしまいます。
箱が大きくておまけに入っている中身が重いと、運搬の際に大変不便な思いをします。
運ぶどころか持ち上げることも大変になっていまいますね。
まして、引越し業者に作業を頼むわけですから、
出来るだけ作業者の方々の立場で考えたいものです。
重いものは小さい箱へ、軽いものを大きい箱へ、これが荷造りのセオリーです。
引越し用のダンボールには、中に入っている明細を記入する箇所が設けてあります。
荷造りしたダンボールには、中に何が入っているのか、
それに加えて引越し先に運んでもらう部屋を書いておきましょう。